枠組み壊し フレームクラッシングについて

主にネットで、「相手の枠組みを相対化して自分がルールを作る側に立つ事」を主たる目的にした戦略をとる人々がいます。なんとなく、それを「メタをとる戦略」と読んでおきます。

その「メタ取り戦略」何点か特徴を見出したので備忘として書いておくことにします。通底しているのは、
1.合意を形成する気がないこと(合意しないための努力)
2.「平等な貢献の互酬性」を無視していること。協力して問題解決をはかる気は無い。

3.ルールを決めるのは自分。大事なのはルールを作る側に回ること。

です。学界でもビジネスでもこれらは通常あまり見かけませんが、どちらも基本的にはギブアンドテイクがルールだからです。で、なんかこんな感じかなというのをメモしておきます。論理学とか得意じゃないので、既に命名されている論法と重複している可能性はいっぱいあります。属性判定とか人身攻撃ということですが、枠組み感を強めた命名にしてみました。

そしてこの話法が。主張の内容を越えて共有されていて「環境」と化しています。そこが問題だと思うのですが、変えることは可能だと思っています。

1.自分のルールを当てはめて、「従えない」というと勝ったという。
例:「反原発派ならおおい町の町長選にでろ」

2.属性判定

例:お前は○○だ。だからお前の言うことは××だ。

そうやって嫌いなはずの○○をどんどん増やす。

3.ポジション交換:ポジションを無理に交換して相手の論理をそのまま使う。

例:いいやお前が差別者だ。いいや俺達が被害者だ。

4.批判すること自体に意味があると言い出す。
例:批判すること自体に意味がある!批判を認めないのは、非民主的だ。

5.第三者の立場に立つ:無理に自分も相手も第三者の立場に立たせる。相対主義を装った価値独善主義。

例:セクハラをしている上司がその最中に「セクハラの定義をいってみろ」と女子社員に言う。ヘイトスピーチしながら、その定義をいってみろと被害者にいう。

6.感染呪術を信じている

例:右翼と一緒にデモをする奴は右翼だ。

7."You didn’t do that" question をする。あなたはこれをやってない申し立てをする。

例:「我々はAの問題の解決を目指す!」「Bはやらないのか?」

これれは議論ではなく、「ルールを俺が決めるためのヘゲモニー闘争」だと理解する必要があると思います。

広告